猫 食物アレルギー

あなたの愛猫がアレルギーに罹らないために

「アレルギー」とは、生物が持つ免疫システムの異常反応の事を指します。

 

本来、自分自身を守る免疫システムが、過剰に反応してしまうことで、
逆に自分自身に害が発生する状態の事を指します。

 

アレルギー症状を引き起こす原因となる物質を
「アレルゲン」と呼ばれています。

 

食物アレルギーは、ある特定の食物に含まれる成分に対して
「アレルゲン」が内包されており、そのアレルゲンを体内に摂取することで、
免疫システムに異常が発生しアレルギー症状を引き起こします。

 

このメカニズムは、人間も猫も変わりません。
動物であるのならアレルギーは必ず発症します。

 

猫の食物アレルギーは主に「I型」と「IV型」が関係しています。
「I型」と「IV型」は以下の様な症状が発症します。

 

I型

即時型とも呼ばれ、アレルゲンの摂取から
30分前後で症状が現れます。

 

代表例:アトピー性皮膚炎

 

W型

遅延型と呼ばれ、アレルゲンの摂取から
24時間以上かけてゆっくり症状が出ます。

 

代表例:接触性皮膚炎

 

食物アレルギーは、「I型」もしくは「W型」のどちらかか、
その両方が作用して発症すると言われています。

 

猫の食物アレルギーの特徴としては、
「I型」は短時間で現れて、短時間で消えるのが特徴で、
「W型」は数日経過してから症状が現れ持続するのが特徴です。

 

主な症状は以下になります。

 

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 全身のかゆみ
  • 全身の引っ掻き
  • 脱毛

etc...

 

食物アレルギーは、食物に含まれる
「タンパク質」が主な原因になります。

 

アレルゲンの構造、分子の大きさがアレルギー症状を起こすと言われており、
主に以下の食物に含まれるタンパク質がアレルゲンになります。

 

  • 牛肉
  • 鶏肉
  • 小麦
  • 大豆
  • 豚肉

 

アレルギーの原因を突き止めるのは困難であり、
単純な検査方法ではなかなか原因を特定できないという現状があります。

 

では、どうやって、このような特定困難なアレルギー症状に対して
あなたが可愛がっているペットを守る事が出来るのでしょうか?

 

気付く方法として以下があります。

 

  • 食事を変えたら痒がった
  • 排便時の糞が柔らかくなった
  • ペットの食欲、飲水が変わった
  • 常に痒がっている

 

このような症状・行動が出始めたら、
普段ペットの猫が摂取している食事に確実に問題がある
といっても過言ではありません。

 

そういった場合は食事を変える必要があります。

 

特に消化性が高く、アレルゲン(牛肉、鶏肉、卵などのタンパク質)が
原材料に含まれていない食べ物を選ぶ必要があります。

 

また、タンパク質がアレルゲンにならないぐらいに小さく分解した
「加水分解」したものや、必須脂肪酸を含むものなども有効な対策です。


関連ページ

極めて稀な猫の病気「アジソン病」の原因と対策(治療法)
万が一、あなたの愛猫がアジソン病に罹ってしまった時の事を備えて、知識として知っておく事をお勧め致します。
こんなしぐさをしたら要注意!猫がかかる「膀胱炎」の症状と対応策
猫が良くかかる病気に「膀胱炎」があります。何とその発症率は犬の4倍とも言われています。猫のしぐさから膀胱炎に気付き対応するようにしましょう。